<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
  • PROFILE
 

 ロック愛。
 ゾンビ愛。
 そんなブログ。
 Link Freeです♪





スカウター : The Deer In Me








スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
『SWEENEY TODD』のフィルムクリップ。


ティム・バートン&ジョニー・デップコンビの最新作スィーニートッドのフィルムクリップがなんと14本も公開されてます!down

http://www.iesb.net/index.php?option=com_content&task=view&id=3789&Itemid=99

あんまり見すぎると本編公開の楽しみが減るかな〜と思いつつやっぱ見てしまいますね。

JUGEMテーマ:映画

映画(ジョニーデップ) | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0)
スウィーニー・トッドのポスター


ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の「Sweeney Todd」のポスターが公開されたそうです。

映画は超楽しみなんですがポスターデザインはあんまり好きじゃないなー。

映画(ジョニーデップ) | 16:11 | comments(2) | trackbacks(0)
感想『パイレーツオブカリビアン/ワールドエンド』

監督: ゴア・ヴァービンスキー
出演: ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ
ストーリー:デイヴィ・ジョーンズの心臓を手中に収め強大な支配力を得た東インド会社のベケット卿は、世界制覇を目論み次々と海賊たちを撃破、ついに海賊の時代は終焉を迎えようとしていた。そこで海賊たちは、最後の望みである“伝説の海賊”9人を招集し、世界中の海賊たちによる全面対決に挑むことに。しかし、その9人のうちのひとりが生死不明のジャック・スパロウだと判明。やがて、ウィルやエリザベスたちは、溺死した船乗りが囚われているという“デイヴィ・ジョーンズ・ロッカー”にジャックがいると確信し、救出に向かうのだが…。

2は、ちょこちょこ笑えるコミカルなシーンがちりばめられてたけど、ストーリー的にはあくまで3の序章ということで消化不良気味なところがありました。3ではちゃんとまとめてくれるのか!?とにかくこれで完結なので観て来ました。

一応、完結しましたが、脚本的にはお世辞にも上手いとは言いがたいんではないでしょうかね・・・。騙し騙され、裏切り裏切られの連続で若干げんなり。3時間という最近の映画としては長時間とは言えど、ここまでたくさんキャラを出してしまうとご都合主義にバタバタと終わらしていくしかないのはとてもハリウッド的。かえってへんなとこを細かく描ききるよりは、この方がエンターテイメント作品として目をつぶってテンポ良く楽しめると思うので大して問題はないとは思うのですが、それを差し引いてもちょっと展開がださい・・・。

2でのシャツを破かれ鞭打たれるシーン以来、何をやっても私にいやらしい目で見られるようになってしまったオーランド・ブルーム。3になって、より一層かっこよさが増してる気がしました。3ではかなり精悍です。腕を棒に縛り付けられて水桶みたいのにしずめられてるシーンに若干萌えました。私、どうやらオーリーが拷問されるのが好きなようです。

ジョニー・デップとオーランド・ブルームはやっぱりかっこよかったので登場人物をめでるという見方ができる人なら観に行って損はないです。バルボッサと小猿のジャックもとってもいい味だしてましたしね。ストーリーも誉めるほどではないけどまぁ退屈はしないでちゃんと楽しめるレベルです。しかし、ハリウッド的エンターテイメント大作としては『300』の方がはるかに上かな〜。

あ、そうそう。3でもエンドロール後のおまけがあるので途中退場はNGですよ〜!!
映画(ジョニーデップ) | 00:37 | comments(0) | trackbacks(2)
DVD発売決定『パイレーツ・オブ・カリビアン デットマンズ・チェスト』


早くもDVDの発売が決定です!
12月6日発売予定で2枚組。仕様は下記を予定しているそうです。
25%OFFで¥2993(税込)だったので予約しちゃいました♪
別に映画の内容が特別面白いわけではなかったけどジョニーもオーリーもかっこよかったのでなめるようにまた観たいと思います。
★初回限定スペシャル・パッケージ
⇒O-リング(ホログラム仕様)

★初回封入特典
○コレクタブル・アートカード

◆解説書(8P)封入

■収録内容
○DVD2枚組
○本編約150分

▼Disc1特典映像
○NGシーン集(約4分)
○音声解説(脚本テッド・エリオット&テリー・ロッシオ)

▼Disc2特典映像
○再結集への海図
○製作計画
○キャプテン・ジャック図鑑
○剣術の特訓
⇒オーランド・ブルーム
⇒キーラ・ナイトレイ
⇒ジャック・ダヴェンポート
○デイヴィ・ジョーンズとの出会い
○クラーケンの創造
○映画からアトラクションへ
○撮影の舞台裏:ボーンケイジ
○プロデューサーによるフォト・ダイアリー
○ワールドプレミア

パイレーツ・オブ・カリビアン デットマンズ・チェスト スペシャル・エディション
パイレーツ・オブ・カリビアン デットマンズ・チェスト スペシャル・エディション
映画(ジョニーデップ) | 11:40 | comments(6) | trackbacks(0)
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェスト

この週末にやっと見てきました。

やはり娯楽作品としてはかなりイケてる部類ですよね〜。色んなエンターテイメント要素がぎゅっと詰まった感じでキャラもいいですし。

ジョニーもオーリーもめちゃめちゃかっこいいし、キーラもかわいいしで目にも楽しいです。

特筆すべきは、2になってどうしたんかと思うぐらいB級ホラーの要素が満載だったこと。『喰人族』『巨大クラーケン』『魚人』...etc。あんな大金かけてB級ホラーの要素をたっぷり入れるとは一体誰の趣味なのか気になってしょうがありません。

ディズニー映画に喰人族がでてくるとは夢にも思ってなかったからまずびっくり。B級ホラーの一大ジャンルの1つ食人系(私は興味ないけど・・・)をここで抑え。
そして、巨大UMAもB級ホラーの一大ジャンルの1つ。ヘビとかワニとかサメとかとにかくアレな巨大生物映画は多いです。
あとクリーチャー系というかミュータント系も多いですよね。しかし、この映画のミュータントは見かけ倒しというか普通の人間の海賊と戦闘能力変わらないというかむしろ弱い???見た目が魚人なんだからそれに見合った特殊能力があっても良さそうなものなのに・・・。

オーリーがシャツをビリって破かれて鞭打たれるシーン。あれはかなりの萌えシーンでした。シャツのやぶき方がいいです。オーリーの背中もいいです。

あと食人族から逃げるジョニーがめちゃめちゃかわいいのでこちらも必見です。

今回もエンドロールのあとにちょっとオマケ映像があります。1のときは2に続くものでしたが今回は3に続くものではなく完璧2の小ネタでした。同じ金額払って見てるんだから、とってもかわいいオマケなので最後まで席に座ってた方がいいですよ〜。

それにしても、あんなところで話をぶった切りするとは・・・。3が早く見たいなぁ〜。

映画(ジョニーデップ) | 23:55 | comments(0) | trackbacks(2)
地球最後の男のリメイクにジョニデ出演!?

ウィル・スミス主演、フランシス・ローレンスが監督を努める『地球最後の男』のリメイク版に、ジョニー・デップが出演することになりそうなんですって!(ニュース記事はこちら
あくまで主演はウィル・スミスに決定しているのでジョニーもきっと吸血鬼化しちゃうのねラブ


ちなみに『地球最後の男』のオリジナル版は、あの『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』の原形となった作品としてとっても有名です。つまり近代ゾンビ映画の母の母的な金字塔的カルト映画です。あくまでゾンビ化ではなく吸血鬼化するのだけど、地球に新種の細菌が蔓延し、これに感染した人間が吸血鬼となって蘇り、生者の血を求めてふらふら徘徊するという設定はまさにゾンビ映画。

ちなみに71年にチャールトン・ヘストン主演で『地球最後の男/オメガマン』としてリメイクされているので今回は2度目のリメイク。ちなみにプロデューサーとしてアーノルド・シュワルツェネッガーも参加とのニュースもあるので娯楽アクション作品となるのではないでしょうか(オリジナルよりオメガマンよりの話!?)。
とりあえず、お金をかけてもカルト臭さとかB級臭さは捨てて欲しくないなぁ。あとモンスター好きを納得させる吸血鬼作りにも期待してますよ!

映画(ジョニーデップ) | 12:57 | comments(1) | trackbacks(0)
『チャーリーとチョコレート工場』DVD発売決定

チョコつながりでバレンタイン時期を狙ってはやくもチャリチョコのDVDが発売決定です。2006年2月3日リリース予定。ツタヤオンラインで20%OFFにて予約受付中。
ちなみに2種類あって
・2枚組みの特別版(税込定価3,980円)
・1枚の通常版(税込定価2,980円)

どちらもかなり安い!メーカーもホンキで売りにきてる感じしますね。

私は、もちろん特別版を購入します。
特別版の内容は下記。
◆初回限定豪華BOX付き

■収録内容
○DVD2枚組 本編115分

▼映像特典(約74分)
○メイキング
⇒リスの襲撃
⇒ダール氏のステキな世界
⇒ウンパ・ルンパになる
⇒混ぜ合わせてみたら…チョコレート・ドリーム
⇒いろんな顔、いろんな味
⇒スウィート・サウンド
⇒チョコレートのデザイン
⇒包装紙の下には
○ゲーム
⇒ウンパ・ルンパ・ダンス
⇒悪いクルミを選別せよ!
⇒新しい味を発明しよう!
⇒金色のチケットを探せ!
○隠しボタン

ウンパ・ルンパ系の特典がかなり楽しみですね〜。

映画(ジョニーデップ) | 00:24 | comments(6) | trackbacks(1)
コープスブライド

ストーリー: 恋人のビクトリアと結婚間近のビクターは、間違って別の女性と結婚の誓いをしてしまう。しかもその女性はすでに死んでいて……。
公開初日の22日に見に行ってきましたー。

ティム・バートンの人形アニメは毎回、大人も子供も楽しめる作りになっててほんと素晴らしいのですが、今回は今までのなかでは一番大人向けかなと。いままでほどはコミカルな感じではなく悲しくも心温まる恋のお話なので。ラストはすんごいせつないですよ。

暗〜いのに美しくて遊び心たっぷりな映像もティム・バートン節炸裂。コープスブライドを筆頭にもちろんキャラも個性的(とくに死後の世界の住人達)。ジョニー・デップも気弱な優男を声だけで演じきってました(いつもより高めの声だった)。

残念なのはその死後の住人達の個性をいまいち活かしきれてなかった気がしたこと。絵としての印象は残るんだけど、それで終わり。キモかわいいんだけどグッズとか欲しい!って思えるほどではなかったなぁ。まぁ、77分と短いお話なので致し方ないことですが。骸骨犬のスクラップとかあれだけかわいいんだからもっとスクラップをコミカルな位置にもってくるとかあっても良かったんじゃ???そしたらナイトメアほどとまではいかなくてもグッズの売上も激アップしたんではないかと思ってしまいました。

ティム・バートンのコープスブライド
映画(ジョニーデップ) | 12:02 | comments(9) | trackbacks(7)
チャーリーとチョコレート工場
遅ればせながらようやくチャリチョコ観てきました。
ちょこっとネタバレの感想を下に書いてるのでちょっとでも話を知りたくない人は読まないで〜。

ジョニー・デップとティム・バートンのコンビで今まで私の中でハズレたものはないのですが今回も例に漏れず大好きでした。あのディズニータッチのメルヘンメルヘンした中にあるあの""。最高ですね。これはメルヘンじゃなくてロックだよ!

まず主役のチャーリー君はゴールデンチケットが欲しいけど家が貧しくてウォンカチョコがなかなか買えない。両親が誕生日プレゼントに1個買ってきてくれるけどハズレ。おじいちゃんがチョコを買うために大事なヘソクリをくれたけどそれもハズレ。で、偶然拾った金で買ったチョコになんとゴールデンチケットが・・・。普通の映画なら当たりは両親がなけなしのお金で買ったチョコかおじいちゃんのヘソクリで買ったチョコですよね。そこをあえて拾った(汚い)金で買ったチョコが当たりってのがロックですね。世の中そんなもんですよ。純粋な気持ちのままじゃいいことなんてないんだね。

そしてウォンカさん登場のときの『ウィリー・ウォンカ♪ウィリー・ウォンカ♪』って歌に合わせて人形が爆音の中、炎に包まれていく様とそれをあっけにとられて見つめる子供たちの顔。あのシーンは映画中最高にロックな瞬間の1つです。全身の毛穴が開きました。

あとは生意気なガキどもがひどい目にあっていくのをほくそ笑むウォンカ氏。イッてます。が、私がウォンカならあんな子供達もっとひどい目にあわせてやるね。「焼却炉ちょこっと稼動させちゃえよ☆」みたいな。あんなヌルイお仕置きではあのうざい子供達、結局なんにも反省してなかったですしね。

あとはウンパ・ルンパ可愛すぎ。ウンパ・ルンパのリアルマスコットあったら欲しい!携帯のストラップに出来るぐらいちっちゃいとよりいいです。

DVDでたら絶対買います。わたしは決めた。お約束ですが初回版はウォンカチョコの装丁のボックスに入ってるの希望。

チャーリーとチョコレート工場 HP

映画(ジョニーデップ) | 00:00 | comments(6) | trackbacks(0)
デッドマンのDVD
yukizoのとこの記事でみてびっくり。

デッドマン
デッドマンデッドマンのDVDって廃盤になってから値段がつりあがってたのか!?ホントにアマゾンマーケットプレイス見てみたら15000円と24000円で売られとる!ヤフオクでも残り3日あるのにもう7000円になってたよ。。。
ちなみに私これ4年ほど前、TSUTAYA RECORDでバイトしてたときに売れ残ってて、20%OFFにしても売れなくてくやしいので結局自分で買いました。しかも社員さんに「不良在庫買ってくれてありがとう!」とまで言われさらに安くしてもらいました(たぶん2500円ぐらい)。。。『パイレーツ・オブ・カリビアン』後のジョニー人気恐るべしですね。ちなみに買ったデッドマンDVDは今だ未開封のまま実家に置かれています(大金叩いて買った人ごめんよー)。だって映画館に2回観に行った上にVHSレンタルして計4回見てるんですもの。。。DVD自体もトールサイズケース(今のDVDはこっちのケースが主流)じゃなくてジュエルサイズケース(CDアルバムと同じケースね)という時代を感じる一品です。


ジム・ジャームッシュ作品集 DVD-BOX 1989-1999
ジム・ジャームッシュ作品集 DVD-BOX 1989-1999
デッドマンDVDは持ってるとは言え、このジム・ジャームッシュのDVD-BOX はかなり欲しい。
『ミステリートレイン』
『ナイト・オン・ザ・プラネット』
『デッドマン』
『ゴースト・ドッグ』

ジム・ジャームッシュの世界観はもともと好きなのでどれも大好き。
世界で一番かっこいい(と私は10年前から言い張っている)ジョニーデップが主演ということを差し引いても『デッドマン』がジャームッシュ作品の中では一番好きだなぁ。『生』と『死』という何度も挑まれてきた使い古された永遠のテーマを独特な切り口で描き出した静かで美しい作品だと思います。そのDVDをすでに持っているということで少し購入意欲をそがれるものがあります。。。う〜、迷う!

映画(ジョニーデップ) | 22:16 | comments(2) | trackbacks(0)

  • NOW READING



  • NEW ENTRIES
  • RECENT COMMENT
  • RECENT TRACKBACK
  • LINKS
  • CATEGORIES
  • ARCHIVES

  • kyo's RECOMMEND




 

1/2 >>

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"