<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
  • PROFILE
 

 ロック愛。
 ゾンビ愛。
 そんなブログ。
 Link Freeです♪





スカウター : The Deer In Me








スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
感想「ザ・スピリット」


フランク・ミラーの「ザ・スピリット」を観に行ってきました。
「シンシティ」、「300」と当り作が続いてたんで見たんですが
これはアメコミファンな私ですら退屈でした。
映像と女優人の美しさは半端ないんですけどね。
ただアニメと実写をあわせたスタイリッシュで斬新な映像美も3作目となれば慣れてしまって驚きがないです。
アクションシーンは300の迫力の足元に及ばないほどイマイチだし、なんといってもアメコミってキャラが命なとこがあるというのに主人公のスピリットの魅力が伝わってこないわ、女性陣もやたら妖艶でセクシーなのにそれだけでキャラが薄いんだよなー…。
なんでスカヨハをあんな役につかっちゃったんだろか…。

続編ありそうな落ちにしてましたが続編はなしの方向でお願いしたい。

アメコミ映画みたあとにフィギュア欲しい〜!って全く思わなかったのって久しぶりです…。


JUGEMテーマ:映画


映画(アクション) | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0)
感想『ヘルボーイ/ゴールデンアーミー』

クリーチャー好きにはたまらない映画ですね。
ギレルモ・デル・トロ最高!
アメコミでありながら、パンズラビリンスで見せたダークファンタジー要素も盛り込みクリーチャーだけでなく背景から小物から作りこみっぷりが半端ない。さすがメキシコが世界に誇るオタク監督。


半魚人のエイブがあいかわらずスマートで頭の回転速くてそしてかわいい。
あとは新キャラの煙人間ヨハンとヘルボーイのやりとりが笑えました。出てくる奴らがキャラ立ちしてて続編への期待も高めてくれます。


上の死の天使とかちょこっとしか出てこないんですけど、ほんとにデザインが秀逸。
死の天使はエイブや『パンズラビリンス』のペイルマン、パンと同じダグ・ジョーンズが演じているそうです。
あとは歯の妖精がキモかわいくて、パンズラビリンスにでてくる妖精を思わせるデザインでした。ギレルモ・デル・トロ監督は宮崎アニメファンらしいけどこういう妖精にジブリっぽさが出てるなと思いました。大分ダークにはなってるんですけどね(笑)
ストーリーがどうのこうのより、監督の遊び心とかキャラクターやデザインを楽しめる人向きな映画と思いますがほんとに楽しかったー。とにかく3が楽しみです。

◆感想「パンズラビリンス」




JUGEMテーマ:映画


映画(アクション) | 16:09 | comments(2) | trackbacks(0)
感想『300<スリーハンドレッド>』

監督: ザック・スナイダー
原作: フランク・ミラー
 無謀なる壮絶な戦いに生身の屈強な男たちが立ち向かう迫力の歴史スペクタクル。100万のペルシア大軍をわずか300人のスパルタ軍が迎え撃つという伝説的な史実“テルモピュライの戦い”を基に「シン・シティ」のフランク・ミラーが著わしたグラフィック・ノベルを斬新なビジュアルで映画化。監督は「ドーン・オブ・ザ・デッド」のザック・スナイダー。主演は「オペラ座の怪人」のジェラルド・バトラー。

フランク・ミラーが原作でザック・スナイダーが監督でって時点で私にとっては鼻血でそうな組み合わせの上、予告編の作りこみすぎたハイテンションな映像を見ちゃったもんだから、みる前から期待膨らませすぎてたんですけど、はっきり言ってその期待以上の出来でしたよ!!!!
ま、おおざっぱで単純なストーリーかつ見終わったあととりたてて何も残らない内容のなさですし、残虐なシーンも多いので嫌いな人は嫌いでしょうけど、私はガン嵌まりです。

よく、予告編みてすごい!と思って観に行ったらすごいシーンは予告編で出尽くしてたなーんて映画が多々ありますが、300は逆に最初〜最後までどのシーンを切り取ってもポスターに出来そうなぐらい絵になるというすんごいエンターテイメントっぷり。この映像をみるだけでも価値ありますよ。秀逸な衣装デザイン、美しく幻想的なオールCGの背景、血しぶき一滴一滴の動きを追いたくなるようなクイック&スローモーションを効果的に取り入れたアクションシーン etc...。全てが私好みで見入ってしまいました。

それにしても、スパルタ軍いいね。革パンツに赤マントで筋肉隆々。それが300人とかなんという漢祭りっぷり!!かなり萌えでした。
敵側のペルシア帝国・クセルクセス王の顔ピアスやジャラジャラした金の装飾品もかなり好きでした。

異形のクリーチャー達や手足や首が切れて飛んでいくときの断面まで見せてしまう映像にザック・スナイダーの趣味を見たような気がしました。さすがドーン・オブ・ザ・デッドを作った監督さん!私的にはコギレイに無難にまとめて子供にもみてもらおうという映画よりそういうのをガンガン入れた映画の方がロックで大好き!!

とにかくバトルアクションとして間違いなく一級品の映画です。グロ大丈夫な人は絶対みたほうがいい。

300オフィシャルサイト

ハイテンションな予告編down


レオニダス王の肉弾戦down
よくあるクイック&スローモーションも300ではこんなにかっこよくて効果的!




映画(アクション) | 13:05 | comments(2) | trackbacks(0)
感想『007/ カジノロワイヤル』
007 カジノ・ロワイヤル デラックス・コレクターズ・エディション(初回生産限定版)(2枚組)
007 カジノ・ロワイヤル デラックス・コレクターズ・エディション(初回生産限定版)(2枚組)
ダニエル・クレイグ

英国諜報部MI6のスパイである‘00’の地位に昇格したジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、最初のミッションとして国際テロ組織のネットワークを絶つ任務を課される。テロ組織の資金源であるル・シッフルと接触を命じられたボンドは、モンテネグロのカジノでル・シッフルと高額の掛け金のポーカー対決を開始する。


飛行機の中で見ました。評判いいだけあって、エンターテイメント作品としてはかなりの上位作品。楽しませてもらいました。
冒頭の追いかけっこアクションすご過ぎです。ニンテンドーの某赤い服の配管工ばりの動きで逃げ回るあの黒人さんの見事なアクション&ボンドの必死の追跡に目が釘付けとなり一気に映画に引き込まれました。

あとアニメーションとクリスコーネルの歌によるオープニングシーンも若干レトロで懐かしさがあって秀逸。クリスのセクシーな歌声はセクシーなボンドにぴったり!

ダニエル・クレイグとエヴァ・グリーンが超お似合いなのも良かったな〜。ボンド、むきむきでセクシーすぎです。そして、観終わった後にはダニエル・クレイグにはまっている私がいたのでした・・・。かっこよかったです。
映画(アクション) | 15:23 | comments(4) | trackbacks(1)
『Hot Fuzz』予告編公開


快作ゾンビコメディ『ショーン・オブ・ザ・デッド』は観ました?
観てない人には伝わらないかもしれないこの雰囲気。
『ショーン〜』のエドガー・ライト監督とサイモン・ペグ、ニック・フロストのトリオが再びタッグを組んで今度は『Hot Fuzz』ってポリスアクションものの映画を製作しちゃったらしいです。
ゾンビ映画じゃないけど、これはトレーラー見ただけでわくわくしちゃう。
トレーラー見るかぎりじゃ、雰囲気はショーン〜と同じ香りがしますね!

Hot Fuzz オフィシャルサイト

ショーン・オブ・ザ・デッド
ショーン・オブ・ザ・デッド
サイモン・ペグ
映画(アクション) | 00:27 | comments(6) | trackbacks(1)
試写会感想『スネークフライト』

飛行中のジャンボ機内で数千匹の毒ヘビが乗客たちに襲いかかるサミュエル・L・ジャクソン主演の本格B級パニック・ムービー。監督は「デッドコースター」「セルラー」のデヴィッド・R・エリス。
 リゾート地ハワイで青年ショーン・ジョーンズは、偶然、ある殺人を目撃してしまう。それは、大物ギャング、エディ・キムが自らを刑務所に送ろうと腐心していたロサンジェルスの著名な検事を殺害する現場だった。唯一の目撃者ショーンをLAの大陪審で証言させるため、ベテランFBIエージェントのネヴィル・フリンが護衛につく。しかし、キムはショーンの口を封じるため、彼が乗り込んだLA行きの便に大量の毒ヘビを積荷として忍び込ませていた。やがて、飛行機が遥か上空に達するや、時限式の箱が開き、ありとあらゆる種類、サイズの毒ヘビたちが一斉に解き放たれるのだった。

(詳しいストーリはこちら


主演のサミュエル・L・ジャクソンのアクションにも大注目の、全米初登場1位を飾ったヘビー級映画がついに今週末日本でも公開!

SNAKE ON A PLANEという原題とあらすじを流し見しただけでも分かるB級っぷり。にも関わらず、このぶっとんだ設定が受けて全米初登場1位獲得。しかも観客だけでなく批評家から賞賛されとる・・・。となれば観に行かない訳には行きません!
本日、幸運にも試写会に参加することが出来ましたので一足早く感想を。


開始早々、ギャングの人殺しの現場を目撃する若者。
その目撃者を消すために

飛行機に大量の毒蛇だと!?

しかも、ギャングのボスは「残された方法はもうこれしかないぜ」みたいな発言までしてました。部下も素直に計画を実行してるし、想像力が豊かすぎて素敵なギャングですね。そんなこんなで前半ですでにコメディ色全開。しかし、大好きな展開です。

ヘビが出てきてからは、動物パニックとフライトパニックがごちゃ混ぜで、一難さってまた一難の連続。スリルとアクション満載です。ヘビに噛まれるシーンもB級的発想でとってもいい!!そして乗客がどいつもこいつも、「この手のパニック映画に絶対1人はいるいる!」っていうステレオタイプな奴ばっかなのも私のツボに嵌りました。

ラストのヘビを一掃するシーンも思い切りがあって、とってもアメリカっぽいですよ!(ラストが楽しいので観て欲しいです。)
サミュエル・L・ジャクソンのFBIエージェント役もすっごいはまってたし、おすすめです。細かいことを気にせずにスリルとアクションが楽しめる良作だと思います。ただしとってもよくできたB級映画だということはお忘れなく。

ちなみに監督のデヴィッド・R・エリスは「セルラー」とか「ファイナル・デスティネーション2」とかもとってる監督さんです。こういう比較的万人が楽しめるB級映画をとる才能があるんでしょうね♪この路線でこの先も突っ走って欲しいなぁ。


飛行機パニックと言えば
新作ゾンビ映画で『PLANE DEAD』というのもあったりします。
オフィシャルサイト→ここ
スネークフライトが流行ったら、『ゾンビフライト』という邦題をつけてアルバトロスあたりがDVDを出してくれやないかと少し期待してるんですけどね。
いや〜、ほんとおちおちフライトも出来ない時代になってしまいましたね。

TRAILER
オフィシャルサイト
機内でのヘビ対処法
映画(アクション) | 22:44 | comments(8) | trackbacks(1)
『300』 Frank Miller
300 Frank Miller Trailer 1


シンシティのフランク・ミラー原作のアクション史劇『300』の映画予告が公開されております。

めっちゃかっこいいよ〜。
シンシティの映像がかっこいい!と思った人は必見ですよ〜。作りこみすぎた映像美は同じノリですから。
ちなみに監督はスタイリッシュゾンビ『ドーン・オブ・ザ・デッド』のザック・スナイダー監督です♪

◆300 the movie プロダクションブログ


映画(アクション) | 23:21 | comments(23) | trackbacks(0)
『カクタスジャック』感想


監督・脚本:アレファンドロ・ロサーノ
出演:トニー・ダルトン、アナ・クラウディア・タランコン、ペドロ・アルメンダリス・Jr、クリストフ、ロシオ・ベルデホ、ラウル・メンデス

本国メキシコで大ヒットした痛快クライム・コメディ。街の大物実力者の誘拐騒動を巡って、マヌケな登場人物たちを予測不能のトラブルが連鎖的に襲うさまをブラックなタッチで綴る。監督はこれが長編デビューのアレファンドロ・ロサーノ。
 ごく普通の青年ジャックは、誰もが恐れる街の独裁者カボスに彼の娘と付き合っていることがバレてしまいボコボコにされる。その後、改めてジャックがカボスの部屋を訪れると、ひょんなことからカボスが目の前で気絶してしまう。慌てたジャックが助けを呼びに行っている間に、掃除係のチーノが倒れているカボスを発見する。カボスに怨みを持っていたチーノはカボスのスーツや時計を身ぐるみ剥がし部屋を後にする。一方、チーノの息子ボッチャはカボスの身代金誘拐を企み彼を待ち伏せしていた。そこへ現われたチーノをカボスと勘違いしたボッチャは、背後から袋をかぶせてアジトへさらってゆくのだったが…。

メキシコシティの5人に1人が見たとかとにかく本国で流行ったらしいです。
邦題は『カクタスジャック』ですが原題は『MATANDO CABOS』。CABOSは町の独裁者の名前だが、MATANDOの意味がなんなんだろうか。少し調べたが分からなかった。

タランティーノに影響うけまくりだろう!と突っ込みを入れたくなる(いい意味で)痛快クライム・コメディ!B級映画の要素をうま〜いことミックスして笑いを誘い、メキシコならでは(?)の陽気なラテン乗りでスピーディーにストーリーが展開していく様は観ていて気持ちがいい。

とくに、
『ジャックがカボスの娘と付き合ってるのがカボスにばれる』
『ボス・カボスがゴルフボールを踏んで転んで失神』
『掃除係のチーノがカボスの服を剥ぎ取って着る』
『カボスを誘拐(実は取り違えてチーノを誘拐)』
『実は犯人はチーノの息子』
『ジャックが友人ムドとカボスを運び出す』
が、とんとん拍子であーっという間に終わっちゃう。このスピーディーさと言ったら!一回皆みてほしい!

取り違え誘拐の後も、濃いキャラがでてきて面白いんです。元レスラーのルベンと人食いトニーのコンビが最高!エクスタシーでラリッたルベンの頭の中がB級映画すぎて面白かったわ〜(是非みて下さい!)。

タランティーノとかガイ・リッチーものの映画が好きな人は観て下さいよ。脚本が前者2人ほど巧妙でうまく収束していく訳ではないのですが、落ちに向かって伏線もちゃんと使ってくし終わりはハチャメチャ映画がちゃんとまとまってくんですよね。しかもメキシコの明るいノリで笑える映画になってます。映像もスタイリッシュでこの手の映画が好きな人なら気に入ると思います。

深く考えず笑える映画が観たいときには是非「カクタスジャック」を!

なんかこの手の映画ってこういうdown相関図が必ずと言っていいほどありますよね〜。そんなに複雑な人間関係はなかったけどね。


◆オフィシャルサイト

【追記】
「Matando Cabos」は「Killing Cabos」って意味でした。
「キル・ビル」みたいですね。でも内容は「パルプフィクション」っぽかったです。

映画(アクション) | 12:10 | comments(0) | trackbacks(1)
「シティ・オブ・ゴッド」感想
シティ・オブ・ゴッド DTSスペシャルエディション (初回限定2枚組)
シティ・オブ・ゴッド DTSスペシャルエディション (初回限定2枚組)

監督: フェルナンド・メイレレス
出演: アレクサンドル・ロドリゲス、レアンドロ・フィルミノ・ダ・オラ、セウ・ジョルジ、アリス・ブラガ、ダグラス・シルヴァ

STORY:“シティ・オブ・ゴッド”と呼ばれたブラジル・リオデジャネイロの貧民街を舞台に、暴力と貧困に埋め尽くされた子どもたちの日常を実録タッチで描いた衝撃の犯罪ドラマ。年端も行かぬ少年が殺人に手を染め、やがて街を仕切るギャングへと成長し激しい抗争に明け暮れる姿を壮絶な暴力描写で綴っていく。
 1960年代後半、ブラジル・リオデジャネイロの貧民街“シティ・オブ・ゴッド”では銃による強盗や殺人が絶え間なく続いていた。そこでは3人のチンピラ少年が幅を利かせている。ギャングに憧れる幼い少年リトル・ダイスは彼らとともにモーテル襲撃に加わり、そこで初めての人殺しを経験すると、そのまま行方をくらました。一方、3人組の一人を兄に持つ少年ブスカペは事件現場で取材記者を目にしてカメラマンを夢見るようになる。70年代、名をリトル・ゼと改めた少年リトル・ダイスは、“リオ最強のワル”となって街に舞い戻ってきた…。

実話っていうので疲れそうで嫌煙してたんだけど、予想以上の出来。
ブラジルの負の部分を延々と見せられているような内容で、ほんと生々しい暴力的な話なんですが、スタイリッシュなカメラワーク・センスのいい音楽・ユーモラスなキャラクター。その相乗効果で決して疲れさせない。子供が銃をぶっぱなして人を殺すのも日常茶飯事みたいな常に暴力と殺戮が隣にある血なまぐさい世界なのにそれをポップに描いてしまうとは。しかし、街の貧しさ、汚さ、みたいのはちゃんと伝わる。見終わったあとはなんてひどい国なんだろう・・・と誰もが思うはず。
人の命がとっても安い。暴力で支配してトップに上り詰めてもまた暴力で消されるだけ。何も生まない。でも秩序がないと人ってこんな暴力の連鎖に巻き込まれるんだなという映画。それを暗くならず疲れさせずに見せる演出、フェルナンド・メイレレス監督、底が知れない!同監督の「ナイロビの蜂」も早く映画館に見に行かねば!!
映画(アクション) | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0)
『キングコング』感想(2回目)


また観に行ってきました。ピーター・ジャクソン監督の『キングコング』。これはDVDとかじゃなくて映画館で見るための映画だと思ったので、できるだけ大きい映画館でもう一回観ておきたかったのです。2回目だというのにドキドキするシーンでは手に汗握り、ハラハラしながら観れました。やはり娯楽作品として最高の部類の作品だと思います。

2回目ということでもう少し細部までみることができたかな。この映画は
大きく分けて3つの構成です。
。裡戮寮里猟並みを再現した冒頭部分〜スカルアイランドに着くまで。
▲好ルアイランドでの死闘。
コングがNYに来てから。
1回目みたときは,良分が長くてなかなかコングが出てこないなぁ、ここが長いから3時間越えになっちゃうんだよ…て思ってたんです。でもこの部分での人物描写と人間関係がきちんとなかったら今後のストーリーがたんなるアクションに終始することになり、きっと面白くなかったでしょうね〜。

△良分は一番見せ場が多いですね〜。うじゃうじゃ出てくる虫にたいする生理的嫌悪感は2回目もばっちりですね。それにしてもティラノザウルスの食い意地にはびっくりです。自分の命を危険にさらしてまであんな可食部の少なそうなアンを執拗にねらうティラノの頭の悪さと食い意地がすごすぎる…。しかしこの恐竜達にも作り手の愛情をひしひし感じますね〜。ジュラシックパークを完全に凌駕したアクションシーンです。

はコングの表情が素晴らしい。CG技術のすべてを駆使した演出でコングが名優になっています。アンと心を通わせるところが感動的ですね。


日本での興行収入はこけてるらしいし、アメリカでは2週連続1位だったものの思ったほどの収入は得られず苦戦を強いられているようですがこれほど見せ場が多くて作り手の愛情と情熱を感じる映画ってそうそうないので映画館で少しでも多くの人に見てほしいなぁと思いますね。

■感想1回目

映画(アクション) | 18:56 | comments(2) | trackbacks(1)

  • NOW READING



  • NEW ENTRIES
  • RECENT COMMENT
  • RECENT TRACKBACK
  • LINKS
  • CATEGORIES
  • ARCHIVES

  • kyo's RECOMMEND




 

1/2 >>

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"