<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
  • PROFILE
 

 ロック愛。
 ゾンビ愛。
 そんなブログ。
 Link Freeです♪





スカウター : The Deer In Me








スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
映画感想「ノーカントリー」
ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション

あらすじ:メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて行くのは非情の殺し屋アントン・シガー。そしてもう一人、厄介な事件に巻き込まれたモスを救うべく老保安官エド・トム・ベルが追跡を始めるのだった


邦題が意味をなしてないというか邦題ではタイトルから全く中身が想像できないが原題は「No Country for Old Men」。トミー・リー・ジョーンズ扮する老保安官が映画の前半で「最近は動機のない殺人が増えた。年寄りには生き難い時代だ」というようなセリフをいいます。それが映画のテーマそのもの。殺し屋シガー役のハビエル・バルデムの不気味さがすごい。人間味を無くすことで現代社会の動機のない殺人を犯すような犯罪者のモチーフとして描かれているんでしょうか。
殺し屋なんだからお金目的で人を殺すんでしょ?と思ってたらこのシガーはお金には全然興味ないんですよね。飄々とした表情で人を殺すだけ。特にコインの裏・表だけで人を殺すかどうか決めるシーンが好きだったなぁ。
まぁ、そんな薀蓄抜きにしてこのシガーに生理的な恐怖を感じながら、ドキドキしてるうちにあーっという間に映画終了ですよ。コーエン兄弟ならではなシュールさもあって面白かったです。いまのところ今年観た中では1番です。

日本のニュースでも最近よく報道される動機のない殺人事件、そういうのがおこるたびにこの映画を思い出してしまうかもです。そして、この映画の一番怖いところは舞台が現代ではなく1980年代ってとこですね。それから20年たった現在ってあの頃より絶対ひどいと思うんです…。

JUGEMテーマ:映画


映画(サスペンス・スリラー) | 13:02 | comments(1) | trackbacks(1)
ソウのジェームス・ワン&リー・ワネル コンビの新作「Dead Silence」

「ソウ」のジェームズ・ワン監督&リー・ワネル脚本コンビによる最新作「Dead Silence」のトレーラーがオフィシャルサイトで公開されてますよ!

ジャンルはホラースリラー。
オフィシャルページのストーリーをさらっと読んだところ、あらすじは奥さんを殺された旦那が葬儀のためにいやいや怪談話や血塗られた過去のあるRavens Fairという故郷に戻り、その気味悪い町を探索して奥さんの死の謎にせまっていくといった内容みたいですね。

今作に登場する腹話術人形がどうも、ジグソウ人形とかぶってしまいますね〜。好きなのかな、人形。あらすじ読んで犯人探しでもするんかなと思いながら予告みたら、こりゃ完璧ホラーですねって言うか、呪われてるじゃん(笑)。


米での公開予定: 2007年3月23日
監督:James Wan
脚本: Leigh Whannell, James Wan
出演: Ryan Kwanten, Amber Valletta, Donnie Wahlberg, Bob Gunton

http://www.deadsilencemovie.net/
映画(サスペンス・スリラー) | 17:20 | comments(2) | trackbacks(0)
SAW3

『SAW掘
監督:ダーレン・リン・バウズマン
脚本:リー・ワネル
ストーリー:医師リンとアマンダは殺人鬼ジグソウに誘拐・監禁される。彼女らに与えらたゲームは、他の犠牲者ジェフが彼に与えられたゲームを成功させるまでの間、瀕死のジグソウを生きながらえさせることだった……。


ポスターがいろいろ公開されてますね。歯のやつは前からあったけどナースのやつなんか別の映画みたい。SAWのポスターとは思えないね。
献血キャンペーン用の「blood drive」版ポスターとのことです。
下記ポスターギャラリーでおっきい画像がみれますdown
http://www.impawards.com/2006/saw_iii.html

SAW3 Teaser Trailerも公開されていますdown


アメリカでは10月27日から公開。
日本ではアスミック・エース配給で11月18日公開予定らしい。
(アスミックエースのHPでは見つけられなかったから決定ではないかもです。)

■オフィシャルサイト
映画(サスペンス・スリラー) | 22:48 | comments(0) | trackbacks(1)
アンダーサスピション
アンダー・サスピション
アンダー・サスピション

監督:スティーヴン・ホプキンス

出演: ジーン・ハックマン、モーガン・フリーマン、モニカ・ベルッチ

ストーリー: プエルトリコの港町サンファン。フェスティバルでにぎわうこの町で、ベテラン警察署長ビクター・ベネゼーは連続少女レイプ殺人事件の捜査に当たっていた。容疑者として浮かび上がってきたのはプエルトリコ法曹界の中心的人物である57歳の税務弁護士ヘンリー・ハースト。彼は前日起きた2件目の事件の第一発見者だった。ベネゼーの尋問に曖昧な答えを繰り返すハースト。さらに、1件目の事件でも疑わしい点が明らかとなる。やがてベネゼーは、ハーストの若くて美しい妻シャンタルに着目する。夫婦の関係は既に冷え切っていて、ベネゼーはシャンタルの協力を突破口にハーストを追い詰めていくのだったが…。

『24 1stシーズン』の監督であるスティーヴン・ホプキンスが撮った2000年の映画です。それにしても、なんて地味な映画なんでしょ。これだけ豪華な出演者が揃ってるのに(^_^;)ほとんど、ハックマンとフリーマンの会話だけでストーリーが進んでいきます。とにかく2人の演技だけで魅せるような映画です。とくにジーン・ハックマンの演技にはハッとさせられるものがありました。

ハックマン演じるハーストの奥様役モニカ・ベルッチが美しすぎる。彼女がいるだけで画面が華やか。しかし、あれだけ自信とプライドの塊のようなハーストのアイデンティティを崩壊させる発端になった妻というほどの迫力みたいのはなかったかなぁ。とにかく綺麗な奥様って感じでしかない。

サスペンスとしては、あのラストはどないなもんかと思いますが、ハーストの自我が壊れるまでの過程は面白かった。私は人が破滅してく様を見るのが好きなのでヒューマンドラマとして楽しめました。

ちなみに昨日のゲームのレビューと同じく私が主人公だったら途中でもっと本気でぶち切れてますけどね。

映画(サスペンス・スリラー) | 00:03 | comments(0) | trackbacks(1)
ゲーム
ゲーム
ゲーム

STORY:実業家ニコラスは48歳の誕生日に、弟のコンラッドからCRS社主催の“ゲーム”の招待状をプレゼントされる。最初は馬鹿にしていたニコラスだが、「人生が一変するような素晴らしい体験ができる」という謳い文句にひかれてゲームに参加することにする。やがて、ブリーフケースの鍵の紛失、スキャンダルの発覚、CRS社のオフィスの消滅と、奇妙な出来事がニコラスの周りで次々に起こり始める。トラブルは次第に加速していき、遂には生命の危機にさらされることになる……。

なんで今の今まで観てなかったんだろう…。まぁ、マイケル・ダグラスがそんなに好きではないからなのですが、これは今まで観てなかったのを後悔させてくれるほど面白い。これだけ出だしで縛っておいてあれだけ観客をあっと驚かせるラストを持ってこれるなんてホント良くできた超一級サスペンスムービーだ。ハリウッド映画の醍醐味が存分に活かされてます(良くも悪くも現実味はない娯楽作です)。弟役のショーン・ペンはもちろんのこと、あんまり好きではないマイケル・ダグラスもこの映画ははまり役で良かったです。デビッド・フィンチャー色あふれる映像にも好感触!

余談ですが私が主人公(マイケル・ダグラス)だったらあんなゲームに参加させた弟、絶対許さん。途中の時点で自己崩壊するぐらいぶち切れてるね。

とにかく、なんの前知識もなく頭空っぽにして見るべし!私もあえてここでは多くを書きません。SAWのラストぐらいやられた!!って思いますから。

それにしてもデビッド・フィンチャーってハズレないですね(パニックルームは未見ですが…)。『セブン』しかり『ファイトクラブ』しかり。『エイリアン3』も私は好きー。

映画(サスペンス・スリラー) | 00:20 | comments(2) | trackbacks(0)
SAW3


SAW3の制作が決定!

あの2の終わりを見た人ならかならず続編があると確信してましたよね。しかも1は約1億2千万円の制作費で約120億円の収入。2に至っても5億円の制作費にたいし100億越えの収入とあってはそんなおいしい作品の続編を作らない訳ないよね〜。

配給元は今まで同様LIONS GATEとTWISTED PICTURES。

監督は『SAW2』のダーレン・リン・バウズマン、脚本も『SAW2』のリー・ワネルが担当するそうです。アメリカで10月27日からの公開を目指す模様。

◆LIONS GATEのアナウンス文書
(pdfファイルです)

映画(サスペンス・スリラー) | 20:43 | comments(6) | trackbacks(0)
マシニスト
マシニスト
マシニスト

ストーリー: 機械工のトレヴァー(クリスチャン・ベイル)は、極度の不眠症で1年間ほとんど眠れずにいた。ある日、トレヴァーは新入りの溶接工、アイバンに気を取られ、仲間の腕を機械に巻き込む大事故を起こしてしまう。上司や同僚は、アイバンという男は存在しない、と、トレヴァーに不信感を抱く。同じ頃、トレヴァーの自宅の冷蔵庫には、身に覚えのない不気味な首吊りゲームの絵が張られていた。誰かが自分を陥れようとしている、そう信じたトレヴァーは、ますます精神を蝕まれていく。

多分、見た人全員一緒の感想を抱くと思うけどクリスチャン・ベイルすげー。人間って病気でもないのにあんなに痩せれるんや。4ヶ月で30kg減のダイエットって可能なんですね〜。しかも、マシニストの次作がバットマン役で39kg増やしてマッチョになってるなんて・・・。あんた明らかに持命縮まったよ・・・。


※ちなみにここからネタバレあります。
ラストにからむことも書いてるので観たい人は読まないよ−に。



作りのベースはサスペンスっぽくなってて、一体どうなるんやろうと観客に感じさせるとても思わせぶりな展開。でもこの映画、犯人は誰かというのが焦点じゃなくて、彼がどうして眠れなくなったか、彼はどうやって眠ることができるようになったかというのが基本。サスペンスと思ってみると最近ありがちな落ちだし微妙なんですが、主人公の心理状態に視点を置いて観てみると私は結構好きな感じ。
私はこの作品をサスペンスと思わないことにしたのでラストも綺麗にまとまってすっきりしてると思う。これでいい。色の使い方も主人公の心理に合わせて効果的になってます。9割はブルーとかグレイっぽい寒色系の冷たい映像です。腕切断シーンとかエグい映像もありますが、映像的には全く期待してなかったのに映像作品としてもなかなかな出来でこれは嬉しいサプライズ。

でも、こういうのは心理状態が健康なときにみるべきですね。そしたらなんてことない映画だったんだけど、落ち込んでるときにみたのですごく後味悪かった。クリスチャン・ベイルの熱演も手伝って罪の意識にさいなまれ続けた人間の心理と狂気に多少引きづられたよ。。。

マシニストHP

映画(サスペンス・スリラー) | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0)
SAW2感想

公開から1年、全世界を衝撃に陥れた『ソウ』の紛れもない続編誕生!目覚めると金庫がおいてある部屋。出口のない館に集められた8人の男女。“さあ、ゲームをしよう。”それぞれのために作られたゲーム。ひとりずつ消えていく…。外に出られるドアはどこにあるのか? 前作の監督・脚本チームのジェームズ・ワン、リー・ワネル製作総指揮、新しい才能ダーレン・リン・バウズマン監督による新しい衝撃。前作をはるかに超えた【ソリッド・シチュエーション=状況設定】、またしても映画テクニックの死角を突く挑戦的映画が日米同時公開へ。謎は明かされるためにある!


※決定的なことは書いてないけど、少しネタバレありかも!
真っ白な状態で映画を楽しみたいって人は読まないで。


結論から言うと面白かったですが、1には敵わなかった。でも時間はあっという間に過ぎるし、一応ラストのどんでん返しも用意されてるので100分飽きることは決してなく一瞬で終わってしまいます。

1はゲームがよく考えられてたし、アダムとゴードンの人物描写もなかなかだったなと思いましたが、2はゲームの内容が弱い。グロに走りやがったなという感じが。。。終始グロ度はアップしてるんです。すごく。是非みてください。

今回は1の後のお話です。1を見てないとなんのこっちゃ分らん部分もありますが2だけみても、まぁそれなりに分る感じには作ってあります。

今回のゲームは密室に8人集められるわけですが。
見ながら、ぶっちゃけ8人もいらんやろー…と。8人の人間模様がぜーんぜん活かせてないし。とか思ってたんだけど、最初にジグソウが言ってたゲーム攻略のヒント「虹の向こうに」ってのがあるからこれだけの人数が必要だったんですね!なるほろ!数字の色がね。

以下、ネタバレ!?(反転させると出てきます)

1のときと注意してみる点は同じかなー。
・あくまでゲームのターゲットは誰なのか(それ以外の人物はゲームの駒にすぎない)。
・ジグソウは最前列で見るのがすき。


映画(サスペンス・スリラー) | 14:55 | comments(11) | trackbacks(2)
SAW2


SAW2のトレーラーが下記で公開されてます☆

SAW2トレーラー

ジグソウの姿がちらりと見えますが前作とのからみってどうなんでしょ。
1が低予算であれだけの出来だったので2に不安はありますが、それなりに楽しみ♪今回はパワーアップして閉じ込められてゲームに参加させられる人数も8人へと増えてるみたいですね(こんだけ増えるとCUBEを思い出してしまいます)。

海外オフィシャルサイト↓
http://www.saw2.com/
まだコンテンツ少ないですが映画の内容を示唆するようなキーワード的画像が見れます。

日本オフィシャルサイト↓
http://saw2.jp/
まだトレーラーしかみれません。。。
しかも日本verはほぼ1の映像の繋ぎ合わせじゃーん。

日本では10月29日公開決定です!

kyoのSAWについての過去の日記
映画(サスペンス・スリラー) | 00:13 | comments(13) | trackbacks(2)
SAW2
SAWの続編についてのニュース。
allcinema ONLINEより↓↓↓
低予算ながら斬新なアイデアで世界的に大ヒットした「ソウ」の続編「Saw 2: Hacksaw」で、「ザ・ビーチ」「28日後...」などダニー・ボイル監督とのコンビで知られる作家アレックス・ガーランドがストーリーを手掛けることが明らかとなった。1作目を手掛けた新鋭コンビジェームズ・ワン(監督)とリー・ワネル(脚本・主演)はプロデューサーとしてのみ関わることになる模様で、ジェームズ・ワンのほうも監督としての再登板はない模様。製作のライオンズ・ゲートでは今年のハロウィーンの公開を目指す。
かなりがっくりなんですけどー・・・。
「ザ・ビーチ」はありえなかったし、「28日後...」は観に行く気すらしなかったけどかなり友達の間では評判悪かったし・・・。続編は大抵ダメなのが多いですが予告とか見る前からこんながっかりさせなくても。

SAW ソウ DTSエディション
SAW ソウ DTSエディション
DVDには日本では東京国際ファンタスティック映画祭で一回だけ公開された”全米中止ハード・バージョン”が特典で入ってたりしないかなーと淡い期待を抱いてたのですが映像特典は下記のようです。
『■映像特典:ミュージックビデオ Fear Factory「Bite The Hand That Bleeds」/ミュージックビデオ・メイキング映像/予告編集
■音声特典:監督、脚本家によるオーディオ・コメンタリー』

この内容みてたら残念ながら入ってないみたいね。。。
映画(サスペンス・スリラー) | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0)

  • NOW READING



  • NEW ENTRIES
  • RECENT COMMENT
  • RECENT TRACKBACK
  • LINKS
  • CATEGORIES
  • ARCHIVES

  • kyo's RECOMMEND




 

1/2 >>

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"